人気のまつげ美容液を試そう|化粧も楽になる

肌への浸透力の違い

まつげ

成分によって異なる浸透力

化粧水で使用されているビタミンc誘導体には成分によって浸透力が変わってきます。高濃度ですとその分刺激も強くなるので肌がピリピリと感じることもあります。肌の強い人ならば問題ありませんが、肌がデリケートな人ですと成分が合わないことも考えられますので、使用してみて違和感を感じるようならば使用をストップさせてください。ビタミンc誘導体が含まれた化粧水でも濃度によって刺激が違いますから、肌がデリケートな人は濃度が低いものを使ってみましょう。ビタミンc誘導体が配合されている化粧水を使用すると成分が肌の表面だけではなく深部にまで行き届くので美肌に効果的です。肌サイクルも活性化できるので、シミが出来にくい肌に導けるでしょう。

シミの予防

ビタミンc誘導体は抗酸化作用があるのでシミ予防に効果的です。シミはメラニンが蓄積されることによって色素沈着してしまいます。ビタミンc誘導体の含まれている化粧水を使用していれば肌の新陳代謝を促せますし、シミが出来にくくなります。また、効果を最大限に出すためにはビタミンc誘導体が含まれている化粧水を利用してローションパックを行ってみてください。コットンに沁み込ませて気になる部分に付けておくのも良いでしょう。5分から10分程度浸透させることによってより浸透力が高まります。更に成分によっては浸透するまでのスピードも変わってきますから、いくつかの化粧水を合わせてうまく利用しながら美肌作りを行いましょう。